Smooth / Shrink Leather BackPack
{{detailCtrl.mainImageIndex + 1}}/30

Smooth / Shrink Leather BackPack

¥25,000 税込

送料についてはこちら

  • スムースレザー

    残り3点

  • シュリンクレザー

▼詳細 選び抜いた高級感抜群の素材を使用した本革のリュックを作成。 持つだけで格上げされた大人のコーデが完成します。 バッグは使用頻度が高くコーディネートの印象も左右するアイテムです。 僕は以前からバッグを始め、小物には投資すべきと伝えしていますが、他のアイテムと比べるとどうしても後回しにしがち。 良いアウターや良いシャツなど、パッと見でインパクトのあるアイテムを買ってしまった経験もあるでしょう。 それは市場に良品が少ないことも1つの要因です。 トートバッグやショルダーバッグもそうですが、特に大人が文句なく使えるリュックがなかなかありません。 基本的にナイロン素材やポリエステル素材のものが多く、どうしてもアウトドアやスポーティなイメージが先行しがち。 それらももちろんオシャレに着用はできますし、決して悪いものではありません。 ただし、大人が使う、大人に相応しいという目線で見た場合、少しカジュアルさが気になるという方もいるはず。 またハイブランドには良いリュックがありますが、如何せん値段が高い。 冒頭でも説明しましたが、バッグにそこまで大金をかけるのであれば、そこそこ見えするもので妥協して他にお金を回す人が大半でしょう。 そこで今回、選び抜いた高級感抜群のリアルレザーを使用したハイエンドと呼べるレザーリュックを作成しました。 ナイロンやポリエステルなどのスポーティな素材から離れることで、それらとは別格の高級感と大人の風格を実現。 見た目の説得力を与える上で最も重要な素材にとことん拘り、誰が見ても高級感を感じるほどのレザーを使用しました。 お届け後に実際にご覧頂くと、良い意味で価格不相応に感じるはず。 今回もバッグブランド「THE CASE」さんの生産背景を使用したことで通常では有り得ないコストパフォーマンスが実現しました。 リュックにそこまでお金を掛けたくないという方も、これさえあればOK。 コスパ良くハイエンドな大人のリュックが手に入ります。 作成するにあたってベースとなったアイテムが3,4年前に僕のブランド「Re:」で発売したクラストレザーリュックです。 そのリュックは当時としては爆発的なヒットを誇り、1,000点近く売り上げた人気アイテム。 いまだに着用して頂けている方をイベント等でもかなりお見かけする一方、新しいモデルが欲しいという声や、当時は僕のブランドを知らなかった方などから再販売の声が相次いでいました。 そこで今回は素材をよりグレードアップし、細部もアップデート。 ハイエンドバージョンとして発売致します。 今回はレザーの種類別に2モデル展開。 個人的に好みな上品な風合いのスムースレザーと、汚れや傷がつきにくいシボ目のあるシュリンクレザーの2種類です。 どちらのレザーも甲乙付け難く文句のつけようのない風合いなので、完全に好みで選んで問題ありません。 2種類共通の特徴として、しっかりとした厚みが有ります。 見た目の重厚感も格別ですが、中身の量や背負い方などでリュック自体のシルエットが影響を受けにくいのも魅力でしょう。 その厚みから立体的なシルエットを自然に形成してくれます。 それにより、ぺらぺらな生地のリュックとは比較にならない高級感を感じて頂けるでしょう。 また、レザー産地は非常に良質とされる革産業文化のバングラデシュ産のものを使用。 原皮を大量に保有しており、価格が抑えられつつも品質が良いレザーが生産可能な国です。 そこに「THE CASE」さんの生産背景が加わることで、価格以上の風合い、品質の良さのレザーを使用することができました。 スムースレザーは、毛羽立ちや凹凸のない表面が滑らかなレザーです。 さらりとした表面でしなやかな見た目が特徴。 ツヤはシュリンクレザーと比較すると控えめですが、上品かつエレガントでフォーマルな印象があります。 また肌触りもよく、革の上質さを楽しめるので手に取った際も毎回その高級感に圧倒されるでしょう。 一方シュリンクレザーは、シボ目と言われる細かなシワが特徴のレザーです。 表面にかすかに凹凸があることで、陰影が生まれツヤがより強調されます。 パッと見で高級感はシュリンクレザーの方が強く感じる方が多いはず。 また、汚れにくく傷もつきにくいのも魅力で、美しい風合いを長時間楽しめるのも魅力。 機能面から見てもリュックとしてかなり優れたレザーと言えます。 正直に言うと個人的には僅差でスムースレザーが好みです。 とは言え、シュリンクレザーも現物を見るとイメージよりかなり良い仕上がり。 実は当初スムースレザーのみで展開しようと考えていたところ、予想以上にシュリンクレザーの仕上がりが良すぎたので2種類展開にした経緯があります。 どちらを選んでも後悔しない出来になっているので、ぜひご自身の好みで選んでみて下さい。 また今回のリュックの生産背景には以前僕の他ブランドでコラボアイテムも発売した「THE CASE」さんに担当頂いています。 「THE CASE」はユニセックスで使えるトレンド小物を中心に展開する人気バッグブランドで、前回コラボさせて頂いたバッグも非常に好評頂いた為、今回のアイテム作成にも携わって頂きました。 何よりもTHE CASEさんは非常に高いコストパフォーマンスが抜群。 その生産背景を使用させて頂くことにより、今までよりも更にコストパフォーマンスの高いレザーリュックが完成しました。 デザインはシンプルかつモダンな印象を意識。 メインのジップは上から生地を被せることでジップラインを隠しシンプルな印象にしています。 側面から見て、斜めにラウンドさせることでモダンな印象を与えチープ感とリュックにありがちな野暮ったさを払拭。 またフロントポケットのジップを見せることでレザーとは異なるシルバーパーツのツヤ感を与え、アイテムに個性と高級感をプラスしました。 シンプルだからこそレザーの良さも一層引き立っています。 シルエットはファストファッションからハイブランドまで市場のあらゆるリュックを参考に、最もクセがなく使いやすいシルエットに作成。 やや縦長なサイズ感で背負った時も置いている時も上品な印象です。 メイン収納には背面にジップ付きのポケットを配し、小物の収納もバッチリ。 フロントポケットもマチを付け、見た目よりも収納力があります。 例えば、メインには13インチのMacbookやA4サイズの雑誌が幅も余裕で入り、フロントポケットには小さめのペットボトルも難なく収納可能です。 リュック背面にはクッション性のあるメッシュ素材を使用し、背負った際も蒸れにくく、背負いやすさ、疲れにくさにも配慮しました。 ストラップはツヤがあり細めの形状にすることで、野暮ったさは無く洗練された印象になっています。 またストラップ各部分にレザーを使用することで全体の統一感と高級感を底上げしました。 こちらのレザーリュック、着用画像の通り、まず合わせるコーディネートは選びません 秋冬でコートに合わせて上品にカジュアルダウンしたり、夏場に背負ってコーディネートを引き締めたりとシーズン問わず使いやすいです。 とはいえ実際の合わせ方や他のコーディネートが見たいなど実際に手に取ってから疑問が出る方もいるでしょう。 そんな方のために僕の運営しているブランドでは購入者様限定のコミュニティを設けていて、そこで着こなし相談などのアフターフォローもさせて頂いてるので安心してチャレンジしてみて下さい。 価格は税込¥25,000。 発売日は11/27(土)21:00-です。 一般発売の前日の11/26(金)にはまとめの公式ライン登録者限定で先行発売を致します。 こちらで当日の20:00に入場パスワードを配信するので、確実に手に入れたい方はぜひ登録をオススメします。 大人気アイテムのアップデート版とも言えるレザーリュック。 今後リュック選びで悩みたくない方は是非チェックしてみて下さい。 ▼素材 本革(スムースレザー/シュリンクレザー) ▼サイズ 高さ : 40cm 幅 : 35cm 奥行き : 13cm ▼お届け時期 4月上旬-4月中旬発送予定 ※こちらのブランドは商品販売1点ごとに国立がん研究センターに500円を寄付しています。